不感症治療

不感症治療

女性の不感症

 

最初の内は少し感じていたのですが、次第にセックスをしても感じなくなってしまう女性が沢山います。

 

自分で不感症と認識しながらも彼と楽しい時間を過ごすために、演技をしてしまう。。。。

 

ですが、こんなこと長続きはしません!

 

結果、不感症が原因で別れてしまうなんてケースが多々あります。

 

不感症は治らないのでしょうか?

 

いいえ、男性も使用しているED治療薬で女性の不感症を治療して大きく改善する事ができます。

 

女性器も男性器も成長してくるプロセスは同じなんです。男性器が血行がよくなる事で勃起するのと同様に、女性器も血行を良くする事で膣内は大きく改善され、濡れやすく、感じやすい体に改善する事ができます。

 

すぐにでも治してしまいたい方は下記を参考にしてください。

 

★ラブグラ(女性用バイアグラ)

 

ラブグラ(女性用バイアグラ)の詳細

 

・セックスでオーガズムに達することが難しいとき。(オーガズム不全)
・セックスの快感が弱く、行為に積極的になれないとき。(不感症)
・膣の潤いが不足して、性交痛があるとき。
・夫に誘われてもセックスをする気になれないとき。(性欲の低下)
・中年以降も充実した性生活を営みたいとき。

 

 

★KYジェリー

 

KYジェリーの詳細

 

女性のセックスライフを向上させるために作られた性交潤滑ジェルで、セックスや男女のマスターベーション時に用いられます。
KYジェリーは、米国医薬品メーカーのジョンソン&ジョンソンが『女性の不感症』の方向けに開発した水溶性の潤滑ジェルで、今では不感症の女性とのセックス以外にも幅広く用いられています。
KYジェリーは、無味無臭です。KYジェリーを患部に塗ることにより膣内の血行が良くなり絶頂感を持続させます。また、コンドームの上から塗ることにより、コンドームの破損を防ぎます。ジョンソン&ジョンソンから販売されるこのKYジェリーは、全米で売上No1を誇る人気商品です。完全無菌性で安全性に定評がある潤滑ジェルです。

 

★ウーメラジェネリック(女性用バイアグラ)

 

ウーメラジェネリック(女性用バイアグラ)の詳細

 

女性用バイアグラ「ウーメラ」と同成分の「シルジョイ ピンク」は、バイアグラの血流促進作用を女性向けに応用した性感向上の媚薬商品です。
・セックスでなかなかオーガズムに達せない、『オーガズム不全』の女性
・セックスで期待するほどの快感がえられない、『不感症』の女性
・膣の潤い不足で、セックスで性向痛がある女性
・性行為をしたいという性欲が低下している女性

 

不感症の原因

 

女性が不感症になる原因はいろいろあります。

 

★女性器自体に元々問題がある場合

 

処女膜が厚くて、一度の性行だけでなくそれ以降も痛みが続く。
子宮内膜症などの疾患があって、挿入すると激しい痛みを感じてしまう。
小陰唇が十分に開かずに、痛みだけを感じてしまう。

 

これらの女性器自体に問題がある場合には、その原因を治す事ですぐに改善されます。

 

★女性器には何ら問題は無いのだが、感じない

 

最初は少し快感があったのだが、次第に不感症気味になって、気がついたら全く感じなくなっていた。
最初の内は膣内は良く濡れたのだが、次第に膣に潤いが無くなり、痛みが先に来てしまう。
初めから、セックスで快感を経験したことが無い。
気持ちよくなるのだが、オ―ガズムまでいけない。

 

上記のようなケースの方がほとんどだと思います。

 

その結果女性はパートナーに悪いと思い、芝居をしてしまう事になります。
そうする事で、パートナーに罪悪感を感じてセックスがだんだんと苦手になってきてしまいます。

 

このような状態はお互いに不幸であり、相手の事が好きではないのだろうかなどの疑問が湧いて来てしまいます。

 

しかし、不感症は治す事ができますので安心してください!

 

不感症治療

 

男性が使用するバイアグラなどのED治療薬には、塩酸シルディナフルと言う物質が入っています。

 

この物質は、血行を改善して性的刺激を改善してくれる役目があります。

 

今までは男性用しかありませんでしたが、最近女性用のバイアグラが発売になっています。ラブグラ(ウーメラ)と言います。

 

使用方法は、基本的に食事をしない状態で性行為の1時間ぐらい前に服用する事で効果を得る事ができます。

 

バイアグラの血流促進作用を女性向けに応用した性感向上の媚薬です。

 

効果は下記のようになります。

 

・クリトリス(陰核)の勃起や性感度を高める
・膣の潤いを増す
・外陰部および膣の感覚を鋭敏にして性感をアップする

 

効果はかなりありますので、彼との楽しい時間を過ごす事ができるようになります。

 

毎回使用しなくても、一度味わった快感が記憶として残りますのでその後も薬を使用しなくても十分にお互いに楽しめる性生活を送る事ができまます。

 

また感度が鈍くなってきたら使用するといいでしょう。

 

併用する事が出来ない薬がありますので、注意してください。

 

次の服用まで24時間以上あいだを空けてください。
使用しはじめは、顔の火照り、頭痛などの副作用がでることがあります。
ニトログリセリン系の心臓薬を服用している人は、ラブグラ(ウーメラ)をのむことができません。

 

女性の不感症治療について更に詳しく知りたい方はこちらからご覧ください。

 

不感症に関する動画

 

世の中には不感症に関する動画が沢山存在します。

 

ですが、かなりいい加減な動画が多い中で、これはまともな事を言っていると判断した動画をご了解します。

 

女性から見た不感症に関する女性の状態を下記の動画は良く説明をしています。

 

 

女性の不感症治療は治す事ができます。詳しい方法はこちらをご覧ください。

 

女性のオーガズムの仕組み

 

女性がオーガズムに達する回路は男性が1つに対して、3〜4か所ある事が分かっています。

 

膣、クリトリス、乳房などがそれにあたります。

 

ですが、その部分でオーガズムに達しやすいかは個人差があり実際に試してみないと分かりません。

 

クリトリスに関しては女性全体に感じやすい部分トとなっています。

 

陰核(クリトリス)の構造は下記のようになっており外から見える部分はほんの一部で性器全体を覆って感じやすくなっています。

 

陰核の仕組み

 

クリトリスからの刺激の伝達は、脊髄を通って脳に達しますが、膣からの刺激は脊髄の外にある迷走神経を通って脳に届く事が研究でわかっています。

 

ですので、女性の脳の中で感じる感じ方が膣とクリトリスでは違うのです。

 

膣から感じる信号は脳の中でエンドルフィンを作るため、一度その快感を経験すると次からは感じやすくなります。

 

その女性のどこが感じやすい部分かは、パートナーと一緒に時間を掛けて探していく必要があります。

 

又、今まで何とも感じなかった部分がパートナーとの接触によって、感じるようになる場合もございます。

 

巷では「Gスポット」などと呼んで、膣内の上壁を刺激すると感じると思っている男性が多く、この部分に関しては強く刺激すると、ほとんどの女性は痛みを感じるだけで膀胱が刺激され尿が出てしまいます。

 

男性から見ますと何となく達成感がありますが、当の女性は気持ちがいいものではありません。アダ゙ルトビデオの世界では映像として刺激がありますのでよく見ますが実際とは違うようです。

 

不感症の女性の補助になる商品がいろいろと存在します。これらを試してみるのも良い方法です。詳細はこちらでご覧ください。

 

不感症 マッサージ

 

性感マッサージは性感施術などとも言われています。

 

今までいった事がない、いきにくいなど問題を抱えた人がこの手のマッサージを受ける事があります。

 

プロの整体師が行うことで、実際にマッサージをしながら性感帯を探し刺激していく事でオルガズムに達する事を経験させてくれます。

 

不感症治療

 

この手のマッサージは誰でもできるわけではありません。

 

まじめにこの事を研究して、真剣に向き合っている整体師のみできる仕事になります。

 

いい加減な言葉で女性を抱きたくて行っている様な偽性感マッサージ氏も沢山いますので注意が必要です。

 

性感マッサージは実際に性器に触る必要があります。

 

基本的に実際にセックスをする事で、性感帯を目覚めさせる経験をさせます。

 

ですので、裸になり行為を実際に行うことが必要ですので、その点は良く理解した上で行きませんと、おかしな事になってしまいます。

 

裸になって性器を触られるのが嫌な方はその事をしっかりと整体師に伝える必要があります。

 

何処までならOKなのかを事前に伝えて良好な関係を築いてからでありませんと、性感マッサージは出来ません。

 

ある程度、自分の性感帯の場所はほぐす方法などが分かってきましたら、その後は彼に伝えて彼と実際に経験をしてみましょう。

 

人が意外なところに性感帯があり、気持ちいいと感じる事があります。

 

又女性にとって、くすぐったい部分は感じる部分と紙一重の関係にある事も良く覚えておきましょう。

 

普段は触れられるとくすぐったい場所も、感じ始めると性感帯に変化する場合がほとんどです。

 

性感帯を更に感じやすい場所にしたい場合にお役に立つ情報もありますので、詳しくはこちらをご覧下さい。

 

不感症と冷え性

 

女性は冷え性の方が多くいます。

 

元々男性と違い体が小さく、毛細血管も男性に比べると更に細くなっており、女性はホルモンのバランスが乱れる事が多いため血流が悪くなり手足など心臓から遠い部分の血行が悪化して冷え性となってしまいます。

 

女性器は普段はそんなに栄養を必要としている臓器ではありませんので、血行がいい臓器ではありません。

 

通常ですと、性的興奮を感じる事で女性器の毛細血管に血が送られて、感度が良くなり濡れてくると言う現象が現れます。

 

ですが、冷え性の場合にはこの毛細血管になかなか血液が送られませんので、どうしても濡れてこなくなてしまいます。

 

女性器にとってセックスで濡れる事は重要で、濡れませんと男性器が入ってきた時に膣内に傷が出来てしまいます。

 

そのような事になるのを防ぐために、脳は不感症にさせてセックスをしない方向に女性の体を持って行きます。

 

このタイプの不感症の方は、やはり冷え性を治す事で不感症も知らずに治ってしまうものです。

 

冷え性の治し方として効果的な方法は、半身浴を毎日心掛けるようにしましょう。

 

こうする事で、冷え性が治り女性器も毎日暖められますので血行が良くなってきます。

 

通常、皮膚からすぐに粘膜に近くなる膣の中は除菌力が強く簡単に炎症を起こさない仕組みになって言うのですが、冷え性を放っておきますと、除菌力が落ちて女性特有の病気を誘発させる原因にもなりますので注意が必要です。

 

このように不感症の原因が男性との相性や、慣れ、病気が原因でない場合が多くありますので、自身の弱い部分を強くする事で、同時に不感症が改善されることが良くあります。

 

諦めずに健康な体を作る事で、不感症は改善して行きますから心配はいりません。

 

その際に女性用のウーメラやゼリーなどを補助に使用しますと更に効果が上がってきます。